旅行

パナマの10日間の見どころ(サンブラスとボカスデルトロ)

Pin
Send
Share
Send
Send


パナマには、見るべきものがたくさんあり、驚くべき国です。自然、ウォータースポーツ、先住民、植民地時代の歴史、そびえ立つ高層ビル、経済の進歩が一緒になって、旅行者が素晴らしい場所を楽しむことができるようにします。部分間のバランスが完璧な国 コスモポリタン そして ネイティブ文化.

パナマの見どころ

パナマを訪れる理由

持っていた 10日間の休暇 (ほぼ2週間)そして私たちは 静かなビーチ 自然とダイビングを楽しむための澄んだ水のまた、マドリッドからの直行便が可能になるような観光の発展があるフレンドリーな国を探していました。パナマはこれらの要件をすべて満たしています。


パナマシティ
サンブラス

パナマに出発する前に

天気

パナマで 気候は熱帯です 乾季(12月から3月)と雨季(4月から12月)の2つの季節があります。カリブ海沿岸ではもっと 多数の雨、乾季でも。私たち 私たちは7月に旅行します スーツケースにレインコートを入れていただければ幸いです。雨にもかかわらず、 平均気温は約29度でした.

セキュリティ

パナマ滞在中、私たちはいつでも不安に気づきませんでした。しかし、パナマシティにはいくつかの地区があります それらを訪問することはお勧めしません 太陽が沈むとき(エルチョリージョ、サンミゲリト、カリドンニア)。

お勧め 旅行保険に加入する このタイプの国では、孤立しているものの、set折する可能性があるためです。価格については決して痛いことはありません。 5%割引のDeIatiをお勧めします


パナマ

輸送

使用する場合 タクシー、旅行を開始する前に運賃を設定すると便利です。の輸送 ユーバー それはパナマシティに広がっています。国の内部を旅行するには飛行機またはバスを使用しますが、完全に安全に車を借りることができるように観光でも拡張されています。


クラシックパナマプレーンセール パナマ1(ロンリープラネットカントリーガイド)英語
  • キャロリン・マッカーシー、スティーブ・ファロン
  • パブリッシャー:GeoPlaneta
  • 発行番号7(2017年7月2日)
22.80ユーロ アマゾンで見る

10日間の旅行

パナマをもっと長く楽しみたいと思っていましたが、この10日間は、パナマで見るべきもの、特に注目を集め、主な興味を引くものについてのアイデアを与えるのに十分でした。

  • 1日目と2日目-パナマシティ
    • パナマ運河と運河復元区域
    • 旧市街
    • アマドールコーズウェイと沿岸帯
    • アンコンヒル
    • メトロポリタン国立公園
  • 3、4、5日目グナヤラ
    • サンブラスの楽園でリラックス
    • プラヨンチコ
  • 6日目、7日目、8日目-ボカス・デル・トロ
    • バスティメントス島
    • サパティラ島
    • サンゴキー
    • スタービーチ
    • ブラフビーチ
  • 9日目と10日目-パナマシティ

パナマの地図

パナマの10日間の旅程

1日目

到着する パナマシティ 午後5時ホテルのあるエルカングレホ地区に行き、荷物を預けてから、Uberを予約しました。 旧市街。 10分で到着し、2003年に世界遺産に登録されたこの地域のナイトライフを楽しむことができました。

  • エルカングレホ周辺
  • パナマシティの旧市街

パナマシティ
パナマシティ

2日目

私たちは一日を楽しむために早起きします。私たちは訪問しました パナマ運河 ミラフローレスロックとそのビジターセンターから。幸運なことに、太平洋から大西洋への船の航行を見ることができました。素晴らしいエンジニアリング作業。

私たちは見学しました アマドールコーズウェイ、大陸と4つの小さな島を結ぶヤシの木が並ぶ2 kmの旅。ペダリング、スケート、街の景色を楽しむのに非常に適した道です。

食事時間が近づくと、 旧市街に戻りました。過去の美しさを取り戻し、建物のすべてのファサードを復元するのに苦労している近所。ボリバル公園、フランシア広場、 メトロポリタン大聖堂 数多くの教会があり、ホテルに戻って海岸沿いをツアーしました。良い帽子をかぶっている限り、強くお勧めします。

  • パナマ運河
  • アマドールコーズウェイ
  • ボリバル公園、大聖堂、…

パナマ運河
パナマ運河

3日目

私たちはたくさん目を覚まして行きます マルコス・A・ジ​​ェラバート空港。朝の7時に出発しましたグナヤラ-サンブラs。 30分強で飛行機は私たちを去りました プラヨンチコ。最初の印象は、別の世界と別の時間にいるということでした。この3日間、私たちはそれを愛することになるのは明らかでした。

小さなボートに乗って宿泊施設に行き、栄光のような朝食を食べた後、 小さなトレッキング プラヨンチコの滝に向かって、そこで入浴できました。ガイドのマチェーテが必要だったジャングルパス。

獲れたての野菜や魚をベースにした食事の後、 Ukupseniコミュニティ、クナの文化、伝統、経済、家の建築について説明してくれました…。

  • パナマシティからサンブラスへの出発
  • グナヤラ-サンブラス
  • プラヨンチコの滝
  • ウケプセニコミュニティへの訪問

サンブラス
サンブラス

4日目

夜明けに目が覚めたとき、最初の太陽の光がキャビンに入った。海で朝食をとり、リラックスした一日、ビーチ、シュノーケリングを楽​​しむ準備をします。ボートは私たちを ペリカン島、このエリアでは数匹のロブスター、ナマコ、魚を見ることができました。

午後は海の上のハンモックで揺れながら良い本を読んで過ごしました。私は今でもその平和感を覚えています。

  • ペリカン島
  • リラックス🙂

5日目

私たちはこの素晴らしい場所を去らなければならないことを知って悲しみで目覚めましたが、私たちが去る前に幸運なことに、 小学校への子どもたち。私たちが裸足で見たのと同じ子供たちは、ほとんど裸で Ukupseniコミュニティ彼らは汚染されていない制服を着ており、彼らの顔に大きな笑顔でボートで学校に来ていました。

私たちは パナマシティに戻る飛行機。キャッチするまでに数時間ありました ボカス・デル・トロ行きの便、訪問する時間を与えてくれた セロアンコンとメトロポリタン国立公園。 1つ目は、市街地内の森林に覆われた標高です。 オオハシ 怠zyなクマ。メトロポリタンは、あなたが楽しむことができる保護されたエリアです 壮観な景色 その視点のおかげでパナマシティから。

午後、私たちはボカス・デル・トロ-コロン島への国内便のために空港に戻りました。

  • パナマシティに戻る
  • アンコンヒル
  • メトロポリタン国立公園
  • ボカス・デル・トロへのフライト

学校に戻る

6日目

雨と風で夜明けが始まりました。この地域のいくつかのポイントを訪れるボートツアーがありましたが、この天気でそれを実行できるかどうかは疑問でした。風はおさまり始め、活動を承認しました。私たちはに行きます ドルフィンベイ そして、雨にもかかわらず、私たちはいくつかを見ることができました、そして、我々は彼らの底でヒトデを見ているいくつかのマングローブを通り抜けました。

私たちが到達したとき、雨は私たちに休憩を与えました サパティラ島、私たちが泳ぐことができるサンゴ礁に囲まれた無人島 シュノーケル ココナッツが落ちないように注意して散歩してください。ちょっとした食事の後、カヨコーラルでもう一度泳ぎました。

コロン島 環境が保証されている場所では、飲食できる場所がいくつかあります。私たちは夕方と夜の残りをこれらのバーのドックで過ごします。

  • ドルフィンベイ
  • サパティラ島(シュノーケリング)
  • コロン島

サパティラ島

7日目

切望されたものを練習する時間 ダイビング、それで私たちはそれを疑いません。私たちは2つのダイブを雇いました。 パンドラエリア そして別の難破船。水温は29度だったので、ネオプレンは必要ありませんでした。ライオン、ラッパ、タツノオトシゴ、マンタ、ロブスターなどを見ました...

ダイビング後、公共バスに乗りました エストレラビーチ。奇妙な曲線を描いてバンで移動し、透明な海が広がるヒトデだけの長いビーチに到着します。そこの地元の人々によると、雨は星を除去していました。

  • パンドラでのダイビング
  • エストレラビーチ

ボカス・デル・トロ

8日目

日は曇りでしたが、 ブラフビーチ 集合輸送で。到着する前に、雨が降り始めました。それにもかかわらず、私たちはレインコートを着て、乗り始めました。ビーチは非常に長く、細かい砂と多くの波があります(サーフィンにおすすめの場所)。天気が良くならないようで、すでにかなり濡れていたので、ホテルに戻りました。一日中雨が降っていました。

  • ブラフビーチ(サーフィンする場合は、パラダイス🙂)

9日目

パナマシティへのフライトは正午に出発しました。朝、コロン島周辺の最後の散歩に行きます。荷物を集めるためにホテルに到着すると、飛行機が少なくとも3時間遅れて出発することが通知されました。それは仕事でした。もし知っていたら、その日は違った形で組織されていただろう。次に、このタイプの遅延はエアパナマでは非常に一般的であることを学びました。

夕食の時間にパナマシティに到着しました。

  • コロン島
  • パナマシティに戻る

怠zyなクマ
首都圏からのパナマシティの眺め

10日目

マドリッドへのフライトは正午まで出発しなかったため、帰宅する前に最後の乗車と買い物をする時間が残っていました。

おわりに

パナマは活気に満ちた国であり、経済的に発展し、発展するのに苦労しています 近代建築 彼を離れずに 植民地時代の過去。このすべて、その中を歩く可能性に追加 ジャングル と入浴する 浜辺 彼らはこの中米の国をあらゆるタイプの旅行者にとって安全な賭けにします。無料で旅行するために!

旅行保険

このような旅行には、保険に加入するのが最善です。 イアティ 私たちに提供しています フォロワーへの提供 無料で旅行します。旅行は、事故を起こしたり、医師、トランスファー、または薬を必要とすることを免除するものではありません。再生しないでください。バナーをクリックして旅行保険を確認すると、 保険料の5% 無料の旅行リーダーであるため。詳細については、ここをクリックしてください。

Pin
Send
Share
Send
Send